欠陥住宅と戦うNPO法人ハウジングネット

NPO法人ハウジングネットは欠陥住宅や住宅トラブルを防ぐ相談窓口です。
宮城県仙台市で活動しています。2002年から2,000名以上の相談実績。宮城県庁、茨城県庁でも講演しました。トラブルを防ぎ、安くて質の高い家を建てるサポートをしています。

こんな場合は個別相談へ 無料個別相談

・見積書をチェックしてほしい 無料でチェックしています

・間取りが決まる前に契約を迫られている 正しい手順を知ってください

・契約時に明細見積がない 契約後に困ったことが

・予算内に収めると言われたが 確認すべきことがあります

・ウチの工法が最高だと言われたけど 工法の短所も知ってください

・欠陥住宅の実情とは 大手すらずさんな工事が多い実態

■ 住宅建築では深刻なトラブルが高い確率で起こります

「契約後に金額が1,000万円も上がって困っています」

「欠陥住宅のようです。でも対応してくれません」

「私たちの希望が聞いてもらえません」

これは仙台で普通に起こっている事実です


個別相談 コラム

80%の施主さんが陥るマイホーム建築のワナとは

マイホームは一生に一度の大きな買い物です。

しかしそのマイホーム建築で悪徳業者に泣かされている人がたくさんいます。

私たちは2,000件以上の経験を集めて「マイホーム建築の罠」という本を出版しました。
マイホーム建築のワナと対策を書きました。
おかげさまでご好評をいただいております。いろいろなワナがありますがここでは2つだけご説明します。

その1 マイホーム契約時のワナ

施主さんに不利な契約方法を押し付けて法外な利益を上げる方法です。
法律はこうしたやり方を禁止していますが、罰則がないために野放し状態になっています。(建設業法第20条)

1.契約をしてから金額を釣り上げる。多い人ではなんと1,000万円上がります。

施主さんが豪華な設備を要求したのではありません。
そこまで金額を釣り上げることを最初から計画しているのです。

見積書が一式の不正確なものなので、現場経費が抜けていたり、網戸やポールが抜けていたり、付帯工事が別だったりと様々な手を使って金額を上げていきます。

でも営業マンの説明が巧妙なため、多くの施主さんは「私が悪いのかも」とあきらめてしまいます。

この坪単価が85万円くらいの会社でも営業マンは「うちは60万円くらいですよ」などと平気で言うこともあります。

つまり契約後に差額の約25万円×約40坪=1,000万円上げるということなのです。
あなたはこの事実を知って恐ろしくなりませんか?

2.『金額が上がりません』と言われて契約したらひどい安物の材料ばかりだった。という例。
営業マンは契約前に詳細な見積書を見せません。契約後に初めてわかるのです。
このやり方もよく使われているため、豪華な展示場の家とは似ても似つかない安物の家が高い価格で完成するのも珍しくありません。

この2つは契約のワナとして業者が儲けるために使う常套手段です。
住宅展示場に出店している業者の80%以上がこのワナを採用しています。

つまり大手住宅メーカーも有名フランチャイズも大手工務店もこの手を使います。
だから「大手だから安心だ」などとは思わないほうが賢明です。

大手住宅メーカーや有名会社がやっていることを私たちが非難する理由は2つあります。
1つには消費者が大きな被害を受けているから、2つ目には法律の指示に背いているからです。

こうした状況を私たちは見過ごすことはできません。

その2 欠陥住宅のワナ

欠陥住宅は決して珍しいことではなく、一般的なことです。
契約トラブルが8割なのと大差ないかもしれません。
欠陥住宅の権威岩山健一氏はその著作で「東京都内の建売りで木造3階建ての住宅は、おそらく80%が欠陥住宅」と断言しています。(『欠陥住宅に負けない本』岩山健一氏著31Pからの引用)

1.下請け構造の無責任な工事

家を作る職人は下請けや孫受け。安い賃金で仕事を請け負っていて、その賃金は年々下がっています。工期と工賃が足りないとやっつけ仕事になることも多々あります。

そして職種は20以上あり、すべてで正確な工事をしなければすぐに欠陥になってしまいます。

2.施工と監理を1社が受け持つ特殊な業界

現場の工事が施工なら現場をチェックして質を保つのが監理です。

ビルなどの住宅以外の建設の場合、施工と監理は別会社が行うことで品質を保ちます。ところが住宅だけは施工と監理を同じ会社で行います。

問題個所を指摘すれば自分の会社の利益が少なくなりますから監理は甘くなりがちです。
そのせいか多くの業者が現場の公開に難色を示します。

3.欠陥が見つかっても解決が不可能な場合も

欠陥住宅に関する法律では罰則も少なく、まず逮捕者は出ません。10円を盗んでも逮捕されるのとは大違いです。

資金力がある住宅メーカーは民事裁判にすることが多く、多額の裁判費用がかかります。

裁判で1,500万円かかった例

反面、資金力のない会社に「直す資金がない」と開き直られると修繕が難しくなります。

ですから欠陥住宅の防止対策が必要です。

4.瑕疵担保責任保証期間はたったの10年しかありません。
多くの欠陥は10年経過後に見つかります。
つまりその時には瑕疵担保責任保証は役に立ちません。

また大手メーカ―の長期保証には落とし穴があります。(個別相談でお話します)

なのに住宅ローンは35年。マイホームは50年持たねばならないと私は思います。

ちなみに国土交通省の公式発表によると現在の住宅の寿命は約30年。
この短命さと欠陥住宅の問題は無関係だとあなたは思いますか?私にはそうは思えません。正しく作れば家はもっと持つはずです。

どうすればワナを防げるのか?

ではこの2つのトラブルに落ちないための予防策をご説明します。
もしあなたがこれからマイホームを建てる方ならばこの方法は必ず役に立ちます。

まず2つのワナを避ける最良の方法は良心的な業者を選ぶことです。

1.良心的な業者は契約前に明細見積書を提出します。

しかし利益が下がるため大部分の業者は穴のある「なんちゃって明細見積書」しか出しません。それを素人が判断するのはかなり難しいので、専門家にチェックしてもらうことをおすすめします。

2.欠陥のない丁寧な施工をする業者を探し、第三者機関を施工チェックに入れましょう。

丁寧な施工とは、腕の良い大工が入ること。すべての職人の施工がしっかりしていること。職人に適正な工期と工賃を与えること。大工や職人が固定メンバー。現場管理がきちんとしていること。建築の実績があること。会社の経営状態が良いことなどたくさんの要素があります。

でもそんな完璧な業者などなかなか見つかりません。
おすすめは設計業務をしない建築事務所を施工検査に入れることです。第三者が入れば現場は引き締まりますし、問題点を見つけてくれます。

3.もしあなたが仙台市などの宮城県内にお住まいなら

ぜひ私たちが行っている無料の個別相談にお越しください。
見積書のチェックなど家づくりに必要な支援を行っています。
実費はかかりますが、厳しい第三者の施工チェックも行っています。

その他にも業者の評判、工法の良し悪し、コスト削減の裏ワザなどもご提供しています。
見積書トラブルがなく、施工チェックを積極的に受け入れる比較的評判の良い会社も4社ほどですが把握しています。詳しくは

きっと予算内で好みのデザイン・仕様の暖かくて欠陥のない長持ちする家を建てることができます。

手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

私達は宮城県庁、茨城県庁にも招聘され、講演させていただきました。(クリック)

またこのノウハウを生かして宮城県「みやぎ版住宅」の実施・開発も手がけました。
宮城県庁からも家作りをサポートをする中立的立場の団体として公式文書で紹介されております。

詳しくは 「県公式文書 みやぎ版注文住宅供給システムの構築について」
4ページ(コンシェルジュシステム)を覧ください。

すでに2,000人以上の個別相談をさせていただきました。
また建築検査も400棟ほどの実績を持っています。

おかげさまで皆さんに喜んでいただいております。

フジテレビ番組取材 宮城県庁「住まいづくりセミナー」メイン講師 マスコミ報道

<フジテレビ特番 >    <宮城県庁で講演>   <ローカルニュース>


無料の個別相談にどうぞ:(予約制)

あなたにトラブルのない安くて良い家の建て方をご説明します。

もしあなたが仙台市などの宮城県内にお住まいなら私たちがお役に立てます。

このホームページでは公表できる情報のみ掲載しています。
個別相談では公表できない大事な情報をお見せします。

家を考え始めたらすぐにおこしください。1からご説明いたします

見積書の適正チェック、業者の評判、ここに書けない情報もお伝えします。

個別相談はNPOの本来業務のため無料でご利用いただけます。

予約電話番号:022-343-1261(AM 9:00-PM 9:00 無休)

あなたが良い家を建てられるまでずっとサポートいたします。

大部分の住宅会社で教えない正しい契約と建築の手順をまず学んでください。

見積書トラブルがなく、施工チェックを積極的に受け入れる比較的評判の良い会社も4社ほど把握しています。詳しくは


住宅メーカー、工務店など、どこで建てる方でもお手伝いいたします。

「初めて聞く話に目からウロコが落ちました」
「話を聞いてなければと考えるとゾッとします」
「疑問が解けてスッキリしました」
「基礎からきちんと教えてもらいました」
そんな声をたくさんいただいています。  個別相談を受けた方の声

一回の相談であなたの疑問や不安にすべてお答えいたします。
ぜひ契約前におこしください。

個別相談はNPOの本来業務のためどなたでも無料でご利用いただけます。
住宅メーカー、工務店、建築家などどこで建てる方でもお手伝いいたします。
相談料の請求、販売などは一切ありません。
有償で施工検査を行っていますが、無理におすすめすることはありません。

お電話か下記のフォームからご予約ください。
仙台市とその近郊、宮城県全域、山形市、天童市、福島市にお住まいの方をサポートさせていただきます。

個別相談においでの方には『施工チェックシート(在来工法編)PDF版』をプレゼントさせていただきます。(2017年3月で終了)
checksheet

施工チェックシート・解説付 全30ページ。実際に使用しているシートです。これで欠陥住宅も防げます。

個別相談スケジュール
(平日も対応可能です)

予約電話番号:022-343-1261(AM 9:00-PM 9:00 無休)

住所 仙台市泉区長命ヶ丘3丁目27-3 オメガコートビル1F 地図

相談予約フォーム

氏 名


相談内容:
契約前の相談 リフォーム 見積もりチェック 欠陥住宅
契約後の金額トラブル その他


希望相談日


希望相談時間 10時〜 13時〜 15時〜 17時〜


メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

メッセージ(任意です。必要な方はお書きください。)

控えを送る(送信元へ写しを送信)


予約を受け付けた方には後ほどNPOから確認メールが届きます。
ご返事は全員にお送りしています。
万が一、返事が届かない場合ご一報いただければ幸いです。

※携帯電話のメールアドレスをご登録の方へ※
携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、
「@npo-jp.com」からのメールを受け取れるよう設定をお願いいたします。


私達ハウジングネットコンシェルジュは元住宅業界のプロが立ち上げたNPO法人です 無料個別相談受付

手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

日経ホームビルダー2010年4月号は仙台のある中堅住宅業者の利益率を公表しました。
なんと40%超です。「展示場の経費や営業マン、広告宣伝費がかさんで。」とは社長の弁。

さらに大手住宅メーカーは50%以上と発表されています。

《ハウスメーカーの家の値段には、住宅展示場の監理維持費(1棟につき年間1億円以上と言われる)やモデルハウスの建設費、広告宣伝費(朝日と読売2紙の新聞広告だけでも5〜10億円)、無料ということになっている設計料、などの膨大な金額が含まれている。企業利益も当然加わるから家の原価は半値以下ということになる。室内2001年11月号11ページより引用》

さらに仙台で利益率が7割と言う悲惨な例すら私たちは知っています。

ある家の価格は約2850万円でしたが、原価は880万円でした。
(個別相談では証拠をお見せできます。)

手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

高い利益率が現場を圧迫しています。 
工賃を安くたたかれる職人さん。
価格に合わない安い材料。
首を傾げるほど短い工期。
そして公開したがらない施工現場。
現場は工期優先で、軽視される品質管理。

以前の調査では住宅の6割が欠陥だったという結果が公表されています。 ※「世界でいちばん住みたい家」赤池学著から引用

さらに震災後は職人不足のため粗雑な工事が増えています。
(河北新報 2013年03月14日 3.11大震災特集)

NPOが行う、施主側に立った施工チェックがあれば
欠陥住宅は防げます。

手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

東日本大震災で判明した事 その1
仙台市は〜 現時点で民間建築物の約4割に何らかの問題があると診断された。
河北新報 2011年03月30日

詳しくはこちらをクリック−欠陥住宅の事例-

欠陥住宅を避けるには第三者の監理が不可欠です!

欠陥工事の実態6基礎編
欠陥工事の実態6基礎編
欠陥工事の実態6基礎編
鉄筋の被り厚さが不足しています。 (建築基準法では4cm以上必要とされています。)また、立上り筋がまっすぐ揃っていません。 後でコンクリートから鉄筋が見えてしまいます。
鉄筋の被り厚さの不足及び、立上り筋がまっすぐ揃っていなかった為、コンクリートから鉄筋が見えてしまいました。
筋違金物のビスが不足しています。この場合、ビスが6本必要なところ4本しか留められていません。
手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

多くの住宅業者は高い利益率を得るため契約後に付帯工事やグレードアップで
価格をつり上げます。
そのため多くの施主さんが疑問を感じています。

「見積書に細かい材料や工事内容が記載されない。」
「全体の建築費を教えてもらえない。」

本来の見積書はすべての材料(メーカー名、型番)と工事詳細が明記されており
20ページ近くに達するほど詳細なものです。
しかしほとんどの業者はそれを出しません。

初めは安く思えた坪単価も、契約後には倍近くに上がることもしばしばです。
これは不正な契約方法です。
こうした不正な契約は宮城県でも契約全体の約8割にも及びます。

震災後は材料の高騰でさらに建設費が上がっています。
(河北新報 2013年03月14日 3.11大震災特集)

NPOの見積チェックが役立ちます。
契約前に見積チェックを行えば、見積書の不備や価格の妥当性、
契約書のチェックなど問題点をすべて洗い出すことができます。

手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

東日本大震災で判明した事 その2
NPO監理を行い、NPOのノウハウで建築された数百棟の家は東日本大震災の地震でもビクともしませんでした。大きな地震被害は一軒もありません。

でもその方法は営業マンからは聞けません。
営業マンは利益率の高い家を売るのが仕事だからです。
NPOは適正な価格で良い家を建てるための情報を公開します。
無料個別相談 詳しくは

私たちは仙台市で家を建てる方の相談窓口として2001年から活動しております。
数百件ものトラブル情報、建築業界人しか知らない裏情報もすべて公開しています。
すでに2000人以上のお手伝いをさせていただきました。
皆さんに喜んでいただいております。

◇個別相談を受けた方の声◇

New!

個別相談を受けた方の声302

住宅メーカー・工務店の内情がわかって良かった。知らなかったことを教えていただいて、積極的に家を建てようと思った。当団体に来て本当に良かった。家づくりが楽しくなるような気がした。

→もっと見る

手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦うNPO

トラブルになってからの解決は容易ではありません。
契約前なら簡単に問題は解決します。
契約後のトラブルでも対応は可能です

欠陥住宅の相談や裁判用の鑑定書作成もお手伝いします。

無料個別相談 詳しくは


これから家を建てる方へ (ダイジェスト版)

欠陥住宅、契約トラブル、価格のトラブルなどのトラブルは仙台でも
たくさん起こっています。
その理由をご説明しましょう。

1.建築は儲かる商売です。だから「ツワモノ」が揃っています。

建築は多額の利益が得られる商売です。
たった一人の個人客から1000万円以上の利益を得られる商売は
建築以外にありません。

そのために有能(または狡猾な)な人たちが住宅業界に集まっています。
素人の施主がどれだけ知識を身に付けても、彼らから見れば
赤子の手をひねるようなものです。

2.家を建てる人は初心者なのに、客観的な情報が少なすぎます。

ほとんどの方にとって家作りは初めての経験。
家の善し悪しも、工法の長所や短所も、使用している材料の単価も
情報がないので判断がつきません。
さらに現場の施工状況をきちんと情報公開している業者はほとんどありません。

家に関する本は、たいていは特定のメーカーや特定の工法の
宣伝のために書かれています。
またたくさんの業者の広告が入った雑誌は八方美人的な情報に終始しています。
納得できる情報はなかなか手に入らないのが実情です。
さらにインターネットは玉石混交で、正誤の区別がつきにくいものがほとんどです。

そのため多くの施主さんが営業マンの情報を頼りせざるを得ないのが現状です。

3.住宅建築を取り締まる法律がその役割を果たしていません。

姉歯事件は大きな社会問題になりました。
そのため被告には重い罰が下されましたが、これは例外です。

その証拠に姉歯事件以外の業者が欠陥住宅で逮捕された例を、
あなたは聞いたことがないはずです。
さらに建築に関係する多くの法律には罰則規定すら存在しません。

4.私たちはたくさんの欠陥工事の被害者、そして悪徳業者の
契約手口を10年間見続けてきました。

欠陥工事で被害を受けた方。契約トラブルで泣いている方。
そして契約前にトラブルを阻止できた例。
さまざまな方にお会いしてきました。
その証拠は私たちが持っています。

これが最も雄弁に語る住宅トラブルの証拠です。
個別相談においでの方には一部をお見せしています。

 

5.家を建てる方は契約前にご相談ください。

多くの契約書は施主さんに不利な内容です。
そのため契約後に問題点が出てきます。

 

「こんなはずではなかった。」と思っても残念ながら手遅れです。
契約書や見積書に明記されていない限り、あなたの希望は
受け入れられることはまずありません。

契約前なら契約書、見積書の問題点を洗い出すことができます。
きっと安心していただけます。

また初期の段階でおいでいただけるなら予算の立て方、
良い業者の見分け方、土地の上手な探し方など幅広いお話をさせていただきます。

それによりムダな動きをせずに、理想的な建築をすることができます。


手抜き工事、契約の欠陥や契約トラブルと戦う宮城県仙台市のNPO。プロの目で欠陥工事やトラブルをなくそう(欠陥検査例)

・地元新聞にも当NPOが欠陥住宅の防止策として紹介されました。平成16年5月2日付

(写真はNPO専門家スタッフが建築のチェックをしている様子です。)

→写真拡大  全体  (1)  (2)  (3)  クリック!

私達ハウジングネットコンシェルジュは元住宅業界のプロが立ち上げたNPO法人です 無料個別相談受付

→ページのTOPへ


欠陥住宅と戦うハウジングネット
宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル
TEL 022-343-1261

Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.

レンタルオフィス機能付き貸事務所@仙台市

まだ契約するな!
住宅建築のトラブルを公開中


宮城県仙台市の住宅事情です



執筆・講演の依頼はこちら


各バナーをクリックして、欠陥住宅と戦うハウジングネットが世界WEB標準の基準をクリアしていることを確認してください。

Lint

欠陥住宅と戦うハウジングネットは、「Another HTML-lint gateway」において、100点を取得しています。

Valid XHTML 1.0 Transitional
Valid CSS!

欠陥住宅と戦うハウジングネットは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。