欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

正反対の反応をする2つのグループ

2009年 8月 19日

 

個別相談で興味深く思う事があります。
それは同じことでも人によって正反対の反応が返ってくる事です。

たとえば、家の完成までの工期は短ければ短いほど喜ぶ方がいます。
仮住まいの期間が短くなるからです。
一方で、極端に短い工期を嫌がる人もいます。
その短い工期が家の質を下げることを心配するからです。

またある方は、基礎に飾りの吹き付けやタイルが張っていると、
きれいなので喜びます。
しかし別の方は、飾りがない打ちっぱなしのコンクリートの方を好みます。
工事の質が分かるからです。

皆さんはどちらの反応をされたでしょうか?
では、この反応の違いはどこから来ると思いますか?

それは知識です。

正しい知識が無いと、営業マンや建築士からの話を聞いても正しく判断
することができません。
時には、上記のように全く逆の評価をしてしまうことすらあるのです。

ある方は契約をするまで、営業マンだけと付き合います。
しかし営業マンからは自社に不利な情報を聞くことはありません。
そのため営業マンのトークが全て正しく聞こえることになります。

しかし家を建ててから不具合が出たり、値段が高かったことが
分かったりした時に悔やむことになるのです。

ぜひ契約前に、いろいろな方から正しい情報を得てください。
友人や親戚に建築士や家の職人がいるなら、ぜひ話を聞いてみてください。
きっと営業マンからとは違う情報を得ることができるでしょう。

必要でしたらNPOの個別相談もご利用ください。
個別相談の後には多くの方が「見方が変わりました。」と喜んでくださいます。
きっと以前の判断よりも良い判断ができるようになることでしょう。

何千万円もする家です。30年も35年もローンを払う家です。
がんばって知識を入れましょう。
そして良い家を手に入れ、楽しい人生を送りましょう。

私達も喜んでお手伝いいたします。





Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.