欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!
トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します。


コラム 杜のつぶやき

◆ 家の価格には意味がある。という事実。 ◆

●2012年 5月 2日

個別相談をしていて「この人はトラブルに遭うかもしれない。」と感じることがあります。
その一つは相談者が「家は安ければ安いほど良い。」と言う場合です。
こんな時、私は時間をかけて家の価格と質についての考え方をご説明させていただきます。

もちろん同じ質の家なら安いに越したことはありません。
でもひとつだけ覚えていただきたいことがあります。

それは
  -----------  家の価格にはかならず意味があります。  -------------
ということ。

例えば建材を考えましょう。
同じように見える材料でも、価格が何倍も違うことすらよくあります。
無名の格安海外製品から一流メーカーの高機能製品まであるのです。

ある家の見積もりは安い代わりに材料が安物でした。

材料以外にも家の価格には工事内容、デザイン、工法、アフターサービス、着工数、
そして営業方法などさまざまな要素が反映されます。
(個別相談ではさらに詳細をお話しています。)

ある家は安さの代わりに、素人の施主さんが作った住みにくい間取りのままでした。
別の家はむちゃくちゃに安く広告をしていましたが、詐欺まがいでした。
また別の安い家にはアフターがありません。

「安くて良い家」は多くの方の希望です。

しかし安そうに見えても、価格の意味がはっきりしていない場合、あとから問題になりかねません。

家を建てる際には、単に価格だけではなく、家の質や価格の意味にも注意を払いたいものです。

そうすればきっと満足のいく家づくりができることでしょう。



Home



NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ

宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル
TEL 022-343-1261 / FAX 022-343-1923

電話受付:午前9時〜午後5時

メール info@npo-jp.org


Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.