欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!
トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します。


コラム 杜のつぶやき

◆ 良い家を建てるための最も基本的な話。 ◆

●2012年 10月 11日

とても基本的で大事な話。
それはどんな職人さんが建てるのか?という事。

基礎から始まる住宅工事は職人さんの手によるもの。
だからメーカー名とか性能表示がどうとかとかも大事だけど
絶対に見落とせないのが建てる職人さんの事。

住宅のプロが自宅を建てる時にも、最も気にするポイントです。

住宅には20種類以上の職人さんがいます。
彼らが腕の良い職人か?誠実な人か?経験のある人か?
それが家の質を左右すると言っても過言ではありません。

でも営業マンから、この手の説明はなかなか聞けません。。

だから不安なのです。

そして職人さんは立場によって変わります。
同じ職人さんでも常用の現場とピンチヒッターの現場では見事にモチベーションが変わります。

だから困るのです。

さらに宮城県は未曾有の復興景気です。
彼らは仕事を手一杯に請けて忙しそうです。

だから心配なのです。

もちろん営業マンは施主さんに「どんな職人が現場に入るの?」と聞かれれば
「腕の良い職人が入ります。」と言うに決まっています。

家は職人が建てるもの。看板やブランドで建てる訳ではないのです。
住宅に関わる人はみんなそう思っています。

営業マンにはこの点をぜひ説明をしていただきたいと願います。
そのくらい現場が大事なのです。

詳しい話を聞きたいと思う方はどうぞ個別相談をお越し下さい。

みなさんにお会いできるのを私は楽しみにしております。



Home



NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ

宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル
TEL 022-343-1261 / FAX 022-343-1923

電話受付:午前9時〜午後5時

メール info@npo-jp.org


Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.