欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!
トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します。


コラム 杜のつぶやき

◆業者と顧客の利害関係のミスマッチ◆

●2013年 10月 4日

何かの仕事を業者に依頼して失敗した経験はありませんか?
私はあります。

その理由の一つは業者と顧客の利害関係のミスマッチです。

これは様々な業種に当てはまります。

例えばコンサルタントは助言をすることでお金を得ています。
するとどうしてもコンサルタントは助言の効果に目を向けるのを
忘れがちになります。

しかし顧客は助言自体には価値がなく、助言を実行した時の利益に
価値があります。
だからミスマッチになりがちです。

こうしたミスマッチをなくすためにはコンサルタントは助言をすることで
お金をもらうのをやめるべきです。
コンサルタントが顧客が助言を実行して得た利益から一定割合を
報酬として受け取れば二人の利害は一致します。

実際に行っているコンサルタントを私は知っています。

広告業の人なら広告を出したことで費用をもらうのではなく
広告を見た人からの申込に応じた報酬をもらうようにすれば
顧客と利害が一致します。
そうすれば顧客も納得してお金を支払うでしょうし、広告業の人も
今よりもっと効果的な広告を考えることでしょう。

同じことは住宅業界にも当てはまります。
残念ながらやはり利害関係はミスマッチです。

正しい方法で契約をして、良い家を安く建てて、きちんとアフターサービスも
行うことは顧客の望むことですが、業者にとってはそれは儲からない話です。

もし住宅業界でも顧客と業者の利害が一致したらとても良いと
思いませんか?
業者が良い家と良いサービスを適正価格で顧客に提供することで、
業者も利益が増えたら。

実はこれは可能です。
私たちのオリジナルのアイディアですでに実現してます。

個別相談ではそのやり方をご説明してます。


Home



NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ

宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル
TEL 022-343-1261 / FAX 022-343-1923

電話受付:午前9時〜午後5時

メール info@npo-jp.org


Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.