欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!
トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します。


コラム 杜のつぶやき

◆サーモグラフィーを使ってみました◆

●2015年 3月 6日

サーモグラフィーは温度を色で表せる装置です。
先日入手しました。
これを持って寒い夜に自宅近くの住宅を撮影をしました。

壁の部分が温度が低いことを示す青の色だけの家もありましたが、
温度が高いこと(つまり暖房が漏れている)を示す赤色の線がついた家も
散見されました。

もし断熱材の欠損なら結露の危険があります。
少々驚きながらも内心ではやはりな、という気持ちもありました。

もちろん中を開けていませんから断熱材の欠損が確実であるとは
申し上げられません。
しかしその可能性が高い家が見受けられたのも事実です。

住宅は完成しまうと後から欠陥住宅であることを証明するのは非常に困難です。
サーモグラフィーを使った調査で改めて感じました。



Home



NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ

宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル201号
TEL 022-343-1261 / FAX 022-343-1923

電話受付:午前9時〜午後5時

メール info@npo-jp.org


Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.