欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!
トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します。


コラム 杜のつぶやき

◆ 欠陥住宅が増えています ◆

●2015年 8月 26日

7月14日のNHK番組の「てれまさむね」で欠陥住宅を特集していました。

震災後に住宅のトラブルが増えているそうです。

県に寄せられた住宅トラブル相談は平成22年には2,112件だったものが、
年々増加して25年には3,855件に達しました。

番組では震災で家を流された石巻の方を紹介していました。
やっとの思いで再建した家は新築なのに最初から黒ずんでひどい状態でした。

インタビューを受けた施主さんの無念さが伝わってくる内容でした。

テレビでも放送しなければならないほど今の住宅状況は悪くなっています。
震災復興で一斉に家を建ったため、現場の混乱がまだ続いているようです。

-----------------------------------------------------------
これから家を建てる人は2通りにわかれます。

「きっと大丈夫だ」と楽観視をして備えをしない人。
「もしもの時に備えよう」としっかり準備をする人。

きっとこのサイトを見ているあなたは後者でしょう。

どうか自覚をお持ちの方だけでもしっかりと備えをしてください。
しっかりと備えれば問題は起こりません。

欠陥住宅検査の第一人者岩山健一氏はその著書で
「三階建ての建売の八割は検査をすると欠陥が見つかる」と断言しています。

しかしその欠陥の多くが「現象なき欠陥」つまり時限爆弾のように
なっているのです。

これから家を建てる人はぜひ個別相談においでください。
きっとTV報道以上の内容に満足いただけると思います。

このところ石巻の方からもたくさんの相談者がおいでになります。

宮城県内であればどなたでも歓迎いたします。



Home



NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ

宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル201号
TEL 022-343-1261 / FAX 022-343-1923

電話受付:午前9時〜午後5時

メール info@npo-jp.org


Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.