欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

◆ 消費者の心理 
2005年 3月 24日
少し前、かばん店のバーゲンに行きました。

ふと棚を見ると一つだけ牛革のバックがおいてあります。
そして目立つポップが貼られていました。
「現品一個限り。わずかな革のよれがあるため格安で販売!」
思わず手に取り急いで買いました。

「良い買い物をした。」と喜びながら店を出ました。
でも10分後にまた店を覗いてみると、なんと同じかばんが同じように一個だけ置いてあります。
もちろん私が目を奪われたあのポップもありました。

今もこのかばんを使用していますが、微妙に小さく使いづらいのです。
家族にも「もうちょっと考えて買えばよかったのに」と笑われました。
そう言われてちょっと恥ずかしくなりました。

個別相談でよく出るのが「今月末に契約するとキャンペーンで○○が安くなる」というメーカーのあおりです。
期限を設定することで間取りや仕様・価格が決まらないうちに契約させる手法です。
「期限が切れてもたいていは同じ条件は出てきますよ。あわてないでじっくり計画しないと後から後悔することになりかねません。」とお話し、トラブルになったたくさんの事例もお話します。

私は住宅に関してはちょっとは知っているつもりでしたが、一個人に戻るとさほど変わりはありません。
どうも消費者より商売人のほうが一枚上手のようです。




Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.