欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

◆ 一般の情報と特別の情報 
2006年 7月 8日
先日、材木屋さんとお話する機会があリました。

そこで質問をしました。
「住宅業者さんにお勧めの木材は?」
「そりゃ集成材ですよ。扱いやすいしクレームも少ないですし。」
「なるほど。じゃあ自分で建てるなら?」
彼は少し考えて「ぼくなら土台は無垢のヒノキですね。構造材は無垢の杉がいいなあ。」
「あれ?お勧めと違うの?(笑い)」
「そりゃあそうですよ。企業秘密ですけどね。(笑い)」

どの業界にも2通りの情報があります。
それは一般の情報と特別の情報です。
または一般客への情報と自分達だけの情報とも言えるでしょう。

たとえば農家でも出荷用の作物と自宅用の作物を分けて作る所があります。
私も初めて農家の自宅用の米を食べた時、あまりのおいしさに目を丸くしました。
詳しく聞いてみると手間のかけ方がまったく違います。
極力農薬を使用しないで自然の堆肥を施し、天日干にしたそうです。

とても一般客に同じことはできないな。と感じました。
でもある人は農家から情報をもらっておいしい米を入手しています。
うらやましいですね。

住宅も同じです。
住宅は一生に一回の大きな買い物です。
特別な情報がだいぶわかってきました。
それは木材だけではなく、設備、欠陥防止、価格、ローン、土地、その他もろも
ろの情報です。
NPOにおいでになる方にはそのすべてを知っていただきたい。
そう願っています。




Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.