欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

◆ 契約後のNPO監理は困難です。 
2006年 11月 3日
メーカーと契約をしてからNPOに相談に来られる方がかなりおられます。

その多くが「契約後に不安が高まって」と言います。

不安が高まるのには理由があり、たいていは的中しています。

そして個別相談で自分の置かれた状況を初めて理解します。

その多くがHPにある事件簿のたぐいのトラブルです。

契約している以上、まず手の施しようがありません。

こんな時が個別相談の最もつらい時です。

そしてさらにつらいのは、これから始まる建築にもなんの支援もできない事です。

契約後にNPO監理を受け入れるメーカーは無いからです。

施主が自分の建築現場に入れないことはないはずですが、
「契約書に合意が無ければ、専門家を連れてくることはまかりならない」
と言うのがメーカーの主張です。

「それは理屈に合わない」と施主さんが考えても、契約上どうしようもありません。

私たちはぜひ皆さんのお役に立ちたいと願っています。

できれば契約前に御相談においでください。きっと楽しい話し合いができますから。






Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.