欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

◆ 昨年の総括と今年の目標。新年の挨拶に代えて 
2007年 1月 16日
建築業界にとって昨年は大きな年でした。
耐震偽装問題が明るみにでて多くの方が業界の問題を知りました。

そしてその後の調査で他の物件での図面の偽装や工事の手抜きが
明らかになりました。

行政も欠陥住宅を防ぐ手立てを模索しているようです。
宮城県でも戸建住宅に中間検査が行われるようになりました。

では問題は本当に減っているのでしょうか?
私たちにはあまりそう感じません。
それが証拠にトラブル相談は一向に減っていないのです。

トラブルが減らない理由の一つには業界の構造が変わらないことがあります。
さらに近年、職人の単価を非常に下げるメーカーが出てきたことも理由に
あげられます。
これでは良い仕事はますます出来なくなってしまいます。

それで今年の目標を決めました。
それは本の出版です。
宮城県で実際に起きている住宅問題を一般の方にも知ってもらおうと決めました。

現在、少しづつですが執筆が進行しています。
今年の早い時期に出したいと思っています。

がんばります。

どうぞ今年もよろしくお願いします。



欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム一覧へ

Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.