欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

河北新報で欠陥住宅の連載が開始

2008年 7月 1日

6月30日から、私の友人でもある日本建築検査研究所の
岩山 健一の連載が始まりました。

これから毎週月曜に連載されるそうです。
岩山氏は欠陥住宅における第一人者です。
彼は欠陥住宅の解決のため、日々全国を飛び回っています。

欠陥住宅問題は、いまだに新聞で取り上げねばならないほど、頻発する
未解決の問題です。 (問題を取り上げた新聞社に敬意を表します。)
でも大抵の欠陥部分は完成後は見えなくなるため、施主さんにはわかり
ません。

建売は建築中に他人は入りませんし、注文住宅でも施主さんが現場に
入れない契約すらあります。

岩山氏と一緒に東京の欠陥住宅の裁判を傍聴したことがあります。

被害者の方は何年も戦っておられました。かなりのご負担です。

私たちは、なによりも予防が一番だと思います。
きちんと予防をして、施主側に立つ建築士がいれば、まず欠陥住宅には
なりません。

そのためにも、今回の連載記事にどうぞご注目ください。
もし家を建てる話が具体的になった時にはどうぞ私たちにご相談ください。
きっとお役に立つと思います。





Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.