欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い

欠陥住宅、欠陥工事、契約トラブルのご相談、欠陥防止のお手伝い コラム

幸せな家作りを目指して

2008年 7月 23日

家作りを見ていて残念なのは、関わる人が幸せに見えないケースが
多いことです。

職人さんは短い工期で、せかされながら仕事をしています。
丁寧な仕事をするだけの時間がない現場が多すぎます。
話を聞くと職人さんのつらさが分かります。

営業マンも幸せではありません。

たいていの人は長く会社にとどまれません。(理由はここでは伏せます。)
2、3年で他の会社に転職する人のいかに多いことか。

施主さんも多くが不安を抱えています。

自分ですべて納得しながら家を建てたいと思いながら、
その願いが叶えられない事に不安を感じるようです。

「なぜ私の願いは聞き入れられないのでしょう。私は無理な要求をしているのでしょうか?」と問われた相談者。

「いいえ、そんなことありません。あなたの要求は普通の事です。」と私。

でも、相談者の方に対処法をご説明すると、多くの方が喜んでくださいます。
情報館ではそんな会話が何度も繰り返されてきました。

「何かが違う。これで良いのだろうか。」そう考えることがしょっちゅうです。
ぜひ皆さんには楽しい家作りをして欲しいと思います。

それは施主さんにも家に関わる方にもです。
そういう家作りの方が良い家ができることは間違いありません。
私達は皆さんと一緒に幸せな家作りを目指しています。





Copyright 2005 NPO Housing Concierge All rights Reserved.