欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します。
欠陥住宅・リフォームトラブルから身を守れ!

トラブル事例、業界のカラクリから原価までプロだけの情報を公開します


HOME
はじめての方へ
自己紹介
NPOの軌跡

住宅事件簿
欠陥住宅の現状
欠陥住宅の原因
欠陥住宅の事例

欠陥防止の裏ワザ
NPO監理のお勧め

コラム 杜のつぶやき
よくあるご質問

個別相談のお知らせ
個別相談を受けた方の声
メール (個別相談の予約等)
情報館のお知らせ

プレスリリース
会員登録
写真集
リンク
個人情報の取り扱い

NPO監理進捗状況

お 願 い 
このHPの内容は著作権法で守られております。許可無く転載、使用することはお控えください。発見した場合、法的な処置を講じることもありますのでご注意ください。

NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ
TOPページ / メール / 無料個別相談 
トップ>欠陥住宅の実態



◆欠陥住宅の事例 1
 下記に揚げる会社は国内産の無垢材を使用した高級な在来工法の会社です。値段も高い価格を設定しています。
 ご相談者は基礎の段階であまりにもひどいので担当者に文句を言ったそうです。すると担当者は「あなたの気のせいではないですか?」とシラを切ったとのこと。抗議をすると「悪いところだけじゃないでしょ?いいところもみてよ。」との開き直り。 そのため思い余ってNPOにご相談に来られました。
 ご相談者の相談に応じて建築士スタッフが現場を検査に行きました。そして問題点を確認し、対策を報告書として作成して差し上げました。
 ところがこの後、この会社の担当者と思われる方が乗り込んできました。本来なら感謝されてしかるべきなのですが、明かな悪意を持って来られました。さらにこの会社の社長から怒鳴り声で電話が1日に4回来ました。
 職人とはいえ人間ですから失敗はあることです。 しかし素人相手にごまかし、隠し、さらにアドバイスをしたNPOへの圧力などはあってはならないことです。私たちはその会社の悪口などは全く言っていません。ただ状況を確認して専門家からアドバイスをしただけなのです。
 いくら展示場が立派でも偉い人の講演会をしてもこんな心構えでは良い家が建つわけがありません。 あまりに悪質と思われますのでここに掲載いたします。

●これをご覧下さい!!
▲この例ではアンカーボルトはコンクリート基礎の端から立ち上がっています。これでは地震などで壊れる危険があります。 ▲ホールダウンボルトが柱から7cmも離れています。2ヶ所もあります。
▲継ぎ手にアンカーボルトを締付けています。地震時に土台が割れる可能性があります。 ▲床下通風口の上の土台継手が数箇所見られます。これもこのまま放置される予定だったようです。
▲この例ではアンカーボルトの位置はコンクリート基礎の真中です。でも材木の土台とコンクリート基礎がずれているために土台の端になっています。
 地震などで土台が切り欠かれる可能性があります。

このページのトップへ





NPO法人ハウジングネットコンシェルジュ
宮城県仙台市泉区長命ケ丘3丁目27-3 オメガコートビル
TEL 022-343-1261 / FAX 02-343-1923
電話受付:午前9時〜午後5時
メール info@npo-jp.org
Copyright 2005 NPO Housing Net Concierge All rights Reserved.